帝王切開の体験談

帝王切開の傷あとケアシート「レディケア」を2ヶ月間使用した感想【口コミ】

投稿日:

帝王切開での出産が決まった時に、
術後の傷あとが目立たないかがとても心配でした。

そのため、自分でできる傷あとケアの方法があるなら
したい!と考えていました。

ご縁があり、傷あとケアシート「レディケア」を
お試しさせていただけることになりました!

レディケアは切開手術や腹腔鏡手術後の
傷あとの保護や、皮膚の盛り上がり・赤みの広がりなどを
予防するために開発されたシリコンゲルシートです。

「産後ケアで女性を笑顔にしたい」という理念を掲げる
ギネマム株式会社が製造販売しています。

レディケアの特徴の紹介と、2ヶ月間使用してみた
感想をレポートしたいと思います♪

ビスコ
私は傷あとが18cmほどあったので、 レディケア16では長さが足りず、 レディケア12と、レディケア8を2枚並べて使用しました!

帝王切開の傷あとケアシート「レディケア」の特徴は?

①材質は日本製の医療用シリコーンゲル

帝王切開の傷あとケアでよく知られているのは
バンドエイドのようなテープ型のシートですが、
レディケアの最大の特徴は、材質がプニプニとした
シリコーンゲルである点。

医療用シリコーンゲルによって
傷あとを圧迫・密着・保湿し、ケアすることができます。

テープよりもかぶれの心配が少ないそうです。

安心の日本製なのが嬉しい♪

②洗うことで、約2ヶ月は繰り返し使える

レディケアは使い捨てのテープとは違い、
洗うことで繰り返し使うことができます。
(1箱で約2ヶ月間が目安)

粘着力が弱まってきたら、新しいものを
購入する必要があります。

③4mmの厚さで傷あとを保護できる

レディケアを初めて見た時、とてもしっかりした
厚さにびっくりしました!

シートと聞くともっと薄いものを想像していたのですが、
レディケアは薄いノートくらいの厚みがあります。(4mm)

傷あとを保護するためのクッション効果が期待できます♪

帝王切開の傷あとケアシート「レディケア」の使用感【口コミ】

容器からシートを剥がす時は慎重さが必要

容器からは専用のスティックを使って取り出すのですが、
プルプルしているので、剥がす時は
慎重にしなければなりません。

下手にすると角が変にちぎれてしまいそうで、
緊張しながら恐る恐る剥がしました(笑)

洗うのは億劫だけどすぐに慣れる

使用後に石けんで洗い、乾かさなければいけないのが、
最初は面倒でした。

ただ、多少面倒でも傷あとがケロイド化したり、
赤みが残ったりするのは嫌なので、
頑張って続けました。

そうしているうちに、洗って乾かす工程が
当たり前になるので慣れました♪

ガード力抜群!赤ちゃん抱っこ時にも安心感がある

私は産後しばらくは傷が痛み、
少し何かが当たるのもしんどいくらいでした。

特に気になったのが、赤ちゃんを
エルゴで抱っこした時。

お腹の辺りにものすごく圧迫感があります。

でも、しっかりと厚みのあるレディケアを
貼っていることで、多少負荷がかかっても
安心感がありましたし、痛みが気になりませんでした。

洗うのが面倒でも続けられたのは、
ガード力が高かったのが大きいです。

かなり助かりました!!

レディケアは傷あとを目立ちにくくするだけでなく、
こんな利点があるというのは、使ってみて
初めて気づいたことでした♪

約2ヶ月間使用後の傷の状況は良好

レディケアを約2ヶ月間使用しましたが、
今のところ傷あとはケロイドや肥厚性瘢痕にはならず、
キレイな状態を保っています。

かゆみも特にありません♪

帝王切開の傷あとケアシート「レディケア」の総合的な感想

日本人はケロイドや肥厚性瘢痕になりやすい体質で、
最初の6ヶ月間のケアは特に大切なんだそうです。

私は2ヶ月間使ったところですが、
リピートしたい!と思いました☆

エルゴで抱っこしながら毎日お散歩へ出かけているので、
傷への負荷を軽減できるのが何より気に入りました♪

傷あとの状況もこの調子でキレイな状態を
保てたらいいなぁと思います♪♪

・帝王切開の傷あとケアをして、目立ちにくくしたい
・傷を保護したい

という方は、まずは1箱・2ヶ月間から試してみられると
いいかと思います♪

レディケアについてもっと詳しく知りたい方は
こちらのページをご覧ください☆
産婦人科医が薦めるママのための傷あとケア「レディケア」公式HP

スポンサーリンク

-帝王切開の体験談

Copyright© 無添加ママライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.